スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア風サーディン・ロール Malaysian Style Sardine Roll

Roti+Sardin_convert_.jpg


マレーシア風サーディン・ロール Malaysian Style Sardine Roll

マレーシアの定番なおやつです。朝ごはんやアファタヌン・ティによく食べられます。でも最近サーディン缶(イワシもしくはサバ)の価格が高騰してしまったため店で売ってるサーディン・ロールの中身が少なくなります

まぁまぁ、自分で作った方が美味しいし。油濃くもないし。それは裏技がありますよ。後ほど教えます。。。

作り方は簡単ですが、ちょっと揚げるのが天ぷらみたいに少し面倒くさいかもしれない。

具の基本はマレーシアのトマト・ソース・サーディン缶。 

Sardin+Cap+Ayam_convert.jpg


日本にはなかなかないかと思います(これはマレーシアの親父に送ってもらいました)。なければ、市販のツナ缶でもいいと思います。我が家はサーディンを刻んだ玉ねぎとレッド・チリと一緒にフライパンで炒めます。マレーシアのサーディン缶はトマトの汁があるためもう味付けは塩以外が入りません。ツナ缶だと好みのアレンジが必要ですね。

皮の方は市販の食パンを使ってます。しかしそのままだと厚いので包みづらいかと思います。そのため麺棒を使用してパンを強く転げて押します。ここがポイントです。油濃くを抑えるにはパンに少し水を振りかけた方がいいです。あるいは蒸し器かレンジで少し蒸します。

そして、コンパクトで薄くなったパンの上の端っこの部分に具をのせて包みます(3回ぐらいかなぁ)。出来上がったらとき卵に丸めるつけて170度の油で2-3分ぐらい揚げます。

本当ビックリでした。全然油濃くない!!

お試してみてはいかがでしょうか


マレーシア・カレーパッフ Karipap Malaysia

karipap+goreng_convert_20110804160703.jpg

マレーシア・カレーパッフ Karipap Malaysia

マレーシアで超有名なおやつです。多分日本のコロッケ以上かもしれない!朝、昼、夜いつでも合うおやつで、afternoon tea は文化であるマレーシア人にとってはケーキ代わりですよ!中身の具は色々で、チキン・じゃがカレー、ビーフ・じゃがカレー、ピリ辛トマトイワシ(sardines in tomato)が人気なものです。

inti+karipap_convert_20110804160633.jpg

チキン・じゃが・カレーの具

作り簡単ですよ。カレーパンの具でも美味しいかと思います。
小生はマレーシアの肉・チキンカレーミックスを使用してます。
ポイントは、ジャガイモの柔らかさです。硬いままでは包むにくくなりますし、揚げる時にまた穴が開く可能性か高い。

tepung+karipap_convert_20110804160806.jpg

生地
材料は簡単ですが、こねるが大変です。ホーム・ベーカリがあればとても助かります。
材料は;小麦粉、バター、塩(少量)、水だけです。
あとは餃子の生地みたいに広げて、具をのせて包みます。(生地は餃子のより微妙に少し厚い)

Karipap+mentah_convert_20110804160734.jpg

揚げる前の形
保存も可能ですよ。冷蔵庫で保存する前に軽く1-2分ぐらいで中火で揚げてください。






部屋でSatay サテー 

bakar+sate_convert_20110726223608.jpg

Satay サテー
マレーシア・バージョンの焼き鳥です。マレーシアやインドネシアでは定番なご馳走でお祝いやパーティによく出されます。チキンの他に牛肉、牛モツ、羊・ヤギ肉などをよく使用されている。

肉はミックス・スパイス(ターメリック、砂糖(大量)、塩、クミン(白と甘いやつ)、レモングラス、ガランガー、ククイノキ)で一晩ぐらい寝かしました。そのスパイス東南アジアから輸入されたもので東京のハラル・ショップにて購入していた。上野のアメ横にも多分あるかもしれない。

Lemon+grass_convert_20110726225742.jpg

レモングラス (Serai)

Garanga_convert_20110726225830.jpg

ガランガー (Lengkuas)

bakar+sate+1_convert_20110726223648.jpg

サテーの焼きかげん 
焦げ目あった方が美味しいですよ!

sate+hidang_convert_20110726223718.jpg 

サテーの出来上がり
いつもキュウリや玉ねぎやケツウーパット(ketupat;圧縮したご飯)やピーナツ・ソースと一緒に食べてます。
今日のサテーはメチャメチャ美味しい!




鯛(たい)スイーツ&サワー

Tai Sweet Sour
鯛(たい)スイーツ&サワー
マレーシアの各家庭や屋台・レストランの定番メニューです。今日は近くの市場に新鮮でお手ごろの鯛を見つかりました。いつもお世話になっている優しいなおばチャンの店ですのでいつも安くしてくれました。ありがとうございます

作り方は簡単です。エビチリのやり方でもOKです。我が家は先に塩・コショウした鯛をサラダ油で揚げました。後は玉ねぎ、ニンニク、しょうがを炒めて、ミキサーでブレンドした唐辛子を好みで入れます。そしてトマト(缶のものもしくは生のもの)を加えてさらに炒め続きます。それで、砂糖や塩を入れます。ここのポイントは砂糖が唐辛子の辛さを抑える効果があります。甘辛の味もポイントですよ。

サワーの味を出すためにはマレーシアではタマリンド汁を使えますが、なければ缶詰ホール・トマト(汁も含む)とトマト・ピューレでもOK。全体的に甘辛の味とサワーの味がでれば揚げていた鯛を投入されます。最後に緑と赤ピーマン(パイナップルがあればnice)を入れてソースと鯛と混ぜ合わせたら出来上がり

マレーシア風牛肉骨付きスパイス・スープ

DSC02172_convert_20110719215446.jpg
マレーシア風牛肉骨付きスパイス・スープ
今夜は台風6号接近するらしいね。神様が日本という国を守ってくれますように。
さて、このスープは日本人にとっては珍しいの一品かと思います。国産骨付きの牛肉ですが、東京のハラル・スーパーから取り寄せた。BATICROMハラル店というオンライン・ストアです。調味料はマレーシアのミックス・スパイスですが、なければカレーによく使用しているクローブ、シナモン(粉ではない方)、クミン、八角、カルダモンなどがあれば完璧。そのスパイスを玉ねぎ、にんにく、しょうがと一緒にサラダ油で炒めます。スパイスが食べるときにじゃまになるので、料理に使える布にまとめて縛れば(袋の形にして)一番いいと思います。スパイスのアロマが出たら肉を入れてまた炒めます。肉汁が出た後に水を加えます。それで塩、こしょう、味の素(なくてもOK)で味付けを整えます。肉が柔らかくなるまで煮込みます。最後にジャガイモ、ニンジン、パセリを入れてまた煮込み続きます(弱火)。ジャガイモが柔らかになったら出来上がり。食べるとに少量のネギをかければ完成です。

sup+bunjut_convert_20110719225529.jpg
スープ・ミックス・スパイス SUP BUNJUT
骨付き牛肉の他に牛すじ、牛テール(小生の大好物)、チキン、マトン骨付きでも合います。
プロフィール

MyMakan

Author:MyMakan
MyMakanブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。